スポーツ

【夏の甲子園2019】出場校予想や発表はいつ?出場回数ランキングも調べてみた!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

各都道府県から予選を勝ち上がったチームが熱い戦いを繰り広げる夏の甲子園大会。

2019年はどんな高校が出場し、どんな大会になるのでしょうか?

今回は出場校予想や、出場回数ランキングなどを調べてみました。

夏の甲子園2019出場校予想

2018年夏の大会に出場した高校を振り返ってみましょう。

地区 学校名 出場回数
北北海道 旭川大 9年ぶり8回目
南北海道 北照 5年ぶり4回目
青森 八戸学院光星 2年ぶり9回目
岩手 花巻東 3年ぶり9回目
秋田 金足農 11年ぶり6回目
山形 羽黒 15年ぶり2回目
宮城 仙台育英 2年連続27回目
福島 聖光学院 12年連続15回目
茨城 土浦日大 2年連続4回目
栃木 作新学院 8年連続14回目
群馬 前橋育英 3年連続4回目
北埼玉 花咲徳栄 4年連続6回目
南埼玉 浦和学院 5年ぶり13回目
山梨 山梨学院 3年連続8回目
東千葉 木更津総合 3年連続7回目
西千葉 中央学院 初出場
東東京 二松学舎大付 2年連続3回目
西東京 日大三 5年ぶり17回目
北神奈川 慶応 10年ぶり18回目
南神奈川 横浜 3年連続18回目
長野 佐久長聖 2年ぶり8回目
新潟 中越 2年ぶり11回目
富山 高岡商 2年連続19回目
石川 星稜 2年ぶり19回目
福井 敦賀気比 3年ぶり8回目
静岡 常葉大菊川 2年ぶり6回目
東愛知 愛産大三河 22年ぶり2回目
西愛知 愛工大名電 5年ぶり12回目
岐阜 大垣日大 2年連続5回目
三重 白山 初出場
滋賀 近江 2年ぶり13回目
京都 龍谷大平安 4年ぶり34回目
奈良 奈良大付 初出場
和歌山 智弁和歌山 2年連続23回目
北大阪 大阪桐蔭 2年連続10回目
南大阪 近大付 10年ぶり5回目
東兵庫 報徳学園 8年ぶり15回目
西兵庫 明石商 初出場
岡山 創志学園 2年ぶり2回目
鳥取 鳥取城北 3年ぶり5回目
広島 広陵 2年連続23回目
島根 益田東 18年ぶり4回目
山口 下関国際 2年連続2回目
香川 丸亀城西 13年ぶり5回目
愛媛 済美 2年連続6回目
徳島 鳴門 2年ぶり12回目
高知 高知商 12年ぶり23回目
北福岡 折尾愛真 初出場
南福岡 沖学園 初出場
佐賀 佐賀商 10年ぶり16回目
長崎 創成館 3年ぶり2回目
熊本 東海大星翔 35年ぶり2回目
大分 藤蔭 28年ぶり2回目
宮崎 日南学園 2年ぶり9回目
鹿児島 鹿児島実 3年ぶり19回目
沖縄 興南 2年連続12回目

夏の甲子園2019に出場できるのは何校?

2018年は100記念大会だったため、56校が出場しました。

これは、全国47都道府県うち、予選大会へんの出場校が多い、東京都、北海道、大阪府、埼玉、千葉、神奈川、愛知、兵庫、福岡各県から2校が出場できたからです。

2019年大会は、例年通り49校(北海道は北と南、東京は東と西の2校)となります。

都道府県別優勝数

2018年に2校出場した大阪、埼玉、千葉、神奈川、愛知、兵庫、福岡は出場校が多く代表になるのは至難の技です。

しかし、上に挙げた7校は甲子園での成績が優秀です。

都道府県別の優勝数をご覧ください。

順位 地区 優勝 準優勝 ベスト4 ベスト8
1位 大阪 13 5 6 18
2位 愛知 8 1 11 13
3位 和歌山 7 5 10 9
3位 広島 7 5 2 17
3位 東京 7 3 11 28
3位 兵庫 7 3 10 16
3位 神奈川 7 3 5 11
8位 愛媛 6 5 12 8
9位 京都 4 9 4 17
9位 福岡 4 2 7 7
11位 千葉 3 3 5 11
12位 高知 2 2 6 11
12位 北海道 2 2 1 14
12位 香川 2 1 7 13
12位 栃木 2 1 3 5
12位 茨城 2 1 1 4
12位 群馬 2 0 6 5
12位 奈良 2 0 5 11
12位 佐賀 2 0 1 1

7都道府県はすべて上位にランクインしています。

大阪府は優勝だけでなく、7割近い勝率をマークしています。

激戦の予選を勝ち抜いてきたからこそ、強いチームに成長するのではないでしょうか。

出場校予想

現時点での出場校予想は難しいですが、春の選抜大会出場を逃したチームはすでに夏の大会への準備を始めています。

2018年に夏の甲子園3連覇を果した大阪桐蔭。春のセンバツ大会は出場の逃しましたが、4連覇を目指して出場してくるのではないでしょうか。

また、秋のドラフト候補として期待される有力選手がいる高校も出場の可能性が高そうです。
東北の怪物と呼ばれる佐々木朗希投手を要する岩手県の大船渡高校や、最速150㎞/hの剛腕ピッチャー・西純矢選手のいる岡山県・創志学園も有力候補の一校ではないでしょうか。

 

出場校の発表はいつ?

夏の甲子園2019は8月6日から8月21日までの16日間で開催されます。

組み合わせ抽選会は8月3日ですから、遅くてもこれまでには全国の出場校は決まるわけです。

全国都道府県の予選会が始まるのは地区によってマチマチです。

7月上旬から中旬頃には地区予選が始まり、そして各都道府県大会で代表が決まります。

例年、北海道と沖縄県は代表校が決まるのが早イメージがあります。

沖縄は台風接近の影響を踏まえて早めの6月10日から開始、7月22日には代表校が決定します。

また、出場校の多い愛知県は、開幕が早く6月29日で、決勝は7月28日の予定です。

まだ地区予選の日程が発表されていない都道府県もありますが、現時点では徳島県の7月31日決勝が1番遅い決定のようです。

抽選会まで数日しかなく、雨の順延があると結構ギリギリになることもあるようです。

あわせて読みたい
【夏の甲子園】雨天中止・延期の判断はいつ?チケット払い戻しについても調べてみた!夏の甲子園大会2019は8月6日から8月21日まで開催されます。 台風のシーズンに行われるため、雨天中止ということもあります。 今回...

出場回数ランキング

夏の甲子園に出場回数が多いのはどこの高校なのでしょうか?

順位 学校名 地区 出場回数
1位 北海高校 北海道  38回
2位 松商学園 長野 36回
3位 龍谷大平安 京都 34回
4位 早稲田実業 東京 29回
5位 中京大中京 愛知 28回
5位 天理 奈良 28回
5位 県岐阜商 岐阜 28回
8位 仙台育英 宮城 27回
9位 松山商 愛媛 26回
10位 静岡 静岡 24回
11位 鳥取西 鳥取 23回
11位 徳島商業 徳島 23回
11位 高知商 高知 23回
11位 智弁和歌山 和歌山 23回
11位 広陵 広島 23回
16位 広島商 広島 22回
16位 東北 宮城 22回
16位 福井商 福井 22回
19位 桐蔭 和歌山 20回
19位 熊本工 熊本 20回
21位 明徳義塾 高知 19回
21位 樟南 鹿児島 19回
21位 高松商 香川 19回
21位 秋田 秋田 19回
21位 鹿児島実業 鹿児島 19回
21位 高岡商 富山 19回
21位 星稜 石川 19回

意外な感じがしますが、大阪桐蔭も横浜高校など、何度も優勝しているようなイメージのある強豪校が21位以内までにランクインしていないんですね。

やはり、大阪、神奈川などの出場校の多い地区は予選を勝ち抜くことが困難ですから、連続出場が難しいのでしょう。

1位の北海高校についてはちょっとびっくりしますよね?

北海高校は北海道札幌にある私立高校で、野球のほかにもスポーツな盛んな高校のひとつです。

古豪として大正、昭和初期、戦後と連続出場していたようですが、駒大苫小牧が夏の甲子園連覇など北海道のチームのレベルも上がり、ここ数年は連続優勝が難しくなっています。

それでも、2016年には決勝まで進出、決勝では作新学院に負けはしましたが、野球の北海というところを見せてくれました。

まとめ

夏の甲子園は予選から甲子園大会まで、選手たちは約2ヶ月間、炎天下の中でプレーを続けます。

勉学に影響を少しでもなくそうと夏休み中に行われるわけですが、なかなかハードスケジュールですよね。

2019年もどんな高校が出場し、どんなドラマが展開されるのか、楽しみではありますが、体調に十分注意してベストの状態で甲子園の舞台を目指してほしいものです。

あわせて読みたい
【夏の甲子園2019チケット】前売りや当日券の購入方法は?発売日や料金も調査!夏の甲子園2018は空前の盛り上がりでしたね!2019年大会も早々に前売りチケットが完売する可能性も! 高野連からはまだ発売については...