スポーツ

選抜高校野球2019組み合わせ抽選結果は?対戦カードをまとめてみた!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

こんにちは。2018年の高校野球は春が第90回の記念大会、夏が第100回の記念大会だったため、とても盛り上がりましたね!

スター選手揃いでメディアでの取り扱いもここ数年では一番だったのではないでしょうか?

さて、熱戦が期待される2019年の春の選抜高校野球大会は3月23日(土)から始まり、決勝が4月3日の予定です。

今回は出場校と組み合わせ抽選結果、対戦カードについてまとめてみました。

選抜高校野球2019組み合わせ出場校と決め方は?

選抜高校野球2019組み合わせ

第91回選抜高校野球出場校

2018年は90回の記念大会のため出場校が例年より4校増えて36校でしたが、2019年は32校で争われます。

今回の出場校は1月25日に発表されました。

校名 都道府県 出場回数
北海道
札幌第一
北海道
2年ぶり3回目
札幌大谷 初出場
東北
八戸学院光星 青森 3年ぶり10回目
盛岡大付 岩手 2年ぶり5回目
関東・東京
春日部共栄 埼玉 22年ぶり3回目
習志野 千葉 10年ぶり4回目
国士舘 東京 10年ぶり9回目
横浜 神奈川 5年ぶり16回目
桐蔭学園 神奈川 16年ぶり6回目
山梨学院 山梨 5年ぶり3回目
東海
東邦 愛知 2年連続30回目
津田学園 三重 17年ぶり3回目
北信越
星稜 石川 2年連続13回目
啓新 福井 初出場
近畿
龍谷大平安 京都 3年ぶり41回目
福知山成美 京都 5年ぶり3回目
履正社 大阪 2年ぶり8回目
明石商 兵庫 3年ぶり2回目
市和歌山
和歌山
3年ぶり6回目
智弁和歌山 2年連続13回目
中国・四国
米子東 鳥取 22年ぶり9回目
2年ぶり2回目
広陵 6年ぶり24回目
高松商 香川 3年ぶり27回目
松山聖陵 愛媛 2年ぶり2回目
九州
築陽学園 福岡 初出場
大分
大分
初出場
明豊 10年ぶり3回目
日章学園 宮崎 初出場
二十一世紀枠
石岡一 茨城 初出場
富岡西 徳島 初出場
熊本西 熊本 初出場

 

出場校はどうやって決まる?

夏の甲子園大会は各都道府県で予選があり、勝ち上がった高校1校が甲子園大会に出場できます。

ただ、北海道や東京、大阪など、学校数が多いところは予選が2つに分かれ、そのブロックで優勝した学校が出場します。

たとえば、北海道は北北海道大会と南北海道大会に分かれて争われています。

では、春の甲子園大会はどうやって決まるのでしょうか?
春は、選抜高校野球大会という名がついているので、その名の通り、出場校は選抜されて決定しています。

選抜方法は、基本的には前年の秋の各地区大会の成績が優先されています。
地区というのは都道府県ごとではなく、東北とか、関東という地区です。
その地区からの出場が1枠であれば優勝校のみ、2枠であれば準優勝までとなります。
そのため、同じ都道府県から何校も出場したり、1校も出場しないという都道府県も出てくるのです。

特別枠

春の甲子園大会には特別枠が設けられています。

まずは前年の秋に行われる明治神宮大会の優勝校です。

各地区大会の優勝校10校で争われ、その優勝校は自動的に翌年の春の甲子園大会に出場することができます。

今年は北海道の札幌大谷高校です。

北海道地区は通常1枠ですが、2019年大会は2校出場します。

もうひとつが「21世紀枠」です。

2001年の第73回大会から設けられたもので、野球以外の活動で他校の模範となる活躍をした学校が選出されるのですが、もちろん野球の実力も必要となっています。

21世紀枠は、春の甲子園大会独自のシステムで3枠あります。
公平性を考えて基本的に東日本・西日本からそれぞれ1校、全国から1校選出されているようです。

21世紀枠がどうやって決まっているのかというと、まず各都道府県からの推薦が必要になり、その中から数校選出され最終的に3校が選ばれるのです。
2019年大会は、茨城の石岡一、徳島の富岡西、熊本の熊本西で、3校とも公立高校です。

組み合わせ抽選方法と抽選会の日程

2019年の組み合わせ抽選会は3月15日(金)9:00から行われます。

場所は大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールとなっています。

毎日新聞「センバツLIVE!2019」では、3月15日の組み合わせ抽選会をネットで生中継します。

「センバツLIVE!2019」では、出場校の発表も生中継しており、関係者やファンにとってはうれしいサービスになっています。

組み合わせ抽選方法

選抜高校野球の組み合わせは、同一地区の出場校同士が準々決勝まで対戦しないようにブロックとゾーンを振り分けています。
この抽選で決まったトーナメントは再抽選なく決勝まで戦われます。

また、抽選会では開会式で選手宣誓を行う主将の抽選会も行われる予定です。

組み合わせ抽選結果は?対戦カードは?

32校が出場した2017年大会の組み合わせを参考に2019年大会の日程を予想してみました。

3月23日の初日は9:00から開会式が行われることは発表されています。

初日は開会式の後に3試合が組まれ、6日目の第1試合までが1回戦、第2試合から9日目までとなりそうです。

10日目、11日目は準々決勝、4月3日の12日目が決勝の試合と閉会式が行われる予定です。

また、準々決勝と準決勝の間には休養日が設けられます。

2017年は天候不良で2日間順延になりましたが、2018年は予定通り行われました。

注目の対戦カードは?

高校野球は、準々決勝が行われる11日目が対戦カードとして一番面白いと言われますよね。

2019年大会の優勝候補は、星稜や甲子園の常連校で強豪校の横浜、高校、龍谷大平安などが挙げられています。

また、秋の明治神宮大会で、星稜高校を接戦の末に下した札幌大谷も北国のハンデを乗り越えて頑張ってほしいところです。

札幌大谷の秋の明治神宮大会優勝は、夏の甲子園出場校の新チーム結成が遅れ、それに乗じたものと評価されているようです。

北海道は冬の間はグラウンドでの練習が不足するため、春の甲子園大会は不利とも言われますが、低評価を覆す活躍を期待したいです。

札幌大谷が準決勝まで進んでくれると面白くなりそうです。

※組み合わせ抽選については発表され次第追記します。

入場行進曲は?

入場行進曲があるのも春の甲子園ならではの楽しみです。

2019年大会は、槇原敬之さんの「世界に一つだけの花」と「どんなときも。」と決定しています。

例年、前年ヒットした曲などが選ばれることが多いのですが、平成最後の甲子園大会ということで、平成を象徴する曲が選ばれたそうです。

どちらも1度入場行進曲になっていますが、どんな感じに編曲されるのかも注目したいですね。

まとめ

正直なところ、春の甲子園大会3連覇を目指していた大阪桐蔭が出場しないのはとても残念ですが、21世紀枠など、春の甲子園大会独自の特別枠もあり、常連校を破ったりすると盛り上がりますよね。

平成最後の甲子園大会として歴史に残るよい大会になってほしいと思っています。