スポーツ

グランプリファイナル2018結果予想は?開催地やスケジュール日程&出場選手も!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

いよいよ、グランプリシリーズが開幕します!

その頂点がグランプリファイナル、2018年はカナダのバンクーバーで開催されます。

今回はグランプリファイナル2018の開催地や日程について解説し、ファイナル出場選手など結果予想をしてみたいと思います。

グランプリファイナル2018開催地と日程

グランプリファイナル2018結果予想

開催地:カナダ・バンクーバー

場所:ダグ・ミッチェル・サンダーバード・スポーツ・センター

2010年の五輪開催時に建設された会場で、女子アイスホッケー、パラリンピックではアイススレッジホッケーの主要会場として使用されました。

フィギュアスケートのリンクサイズはルールで定められており「60m×30m」(国際規格)が望ましいとされています。

また、「56m×26m」以上のサイズである必要があるのですが、今回の会場は主にアイスホッケーが行われるリンク、サイズも「61m×26m」です。

アイスホッケーサイズのリンクでフィギュスケートの試合を開催するとどのような影響があるのでしょうか。

アイスホッケーのリンクは、フィギュアスケートのリンクに比べて短辺が短いため、短辺を助走に使用するトリプルアクセルなどのジャンプに影響があります。

着氷の時に壁に激突したり、壁に近寄り過ぎてジャンプが飛べなくなってしまうのです。

そのような事故で選手にけががないことを願うばかりです。

スケジュール日程

2018年12月7日(金)~12月10日(月)

☆12月7日

ジュニア/アイスダンスRD、男子SP、女子SP、ペアSP

シニア/男子SP、女子SP

☆12月8日

ジュニア/アイスダンスFD、男子FS

シニア/アイスダンスRD、ペアSP、男子FS

☆12月9日

ジュニア/女子FS、ペアFS

シニア/女子FS、アイスダンスFD、ペアFS

☆12月10日

エキシビション 

グランプリシリーズ2018 ファイナル出場者予想

 

オリンピックが終わり、引退を表明した選手、休養している選手、ジュニアからシニアへ転向した選手など、顔ぶれも新しくなりそうです。

グランプリファイナルへ出場できるのは、グランプリシリーズの2試合でより多くのポイントを獲得した上位6名のみ、まさにピラミッドの頂点です。

昨シーズンまでの実績、チャレンジャーシリーズの成績を踏まえて、ファイナル進出者を予想してみます。

シニア

(男子シングル:羽生結弦、宇野昌磨、ミハイル・コリャダ選手がチャレンジャーシリーズを優勝しており好調な滑り出しを見せていましたが、11/17の公式練習で羽生結弦選手が右足首の靭帯を損傷してしまいました。全治三週間との診断ですが、ご本人はファイナルに出場する気満々です)

ネイサン・チェン選手は学業を優先しており、調整が遅れているようですが、本番には合わせてくるのではないかと思われます。

また、ロシア、アメリカの若手がどれくらい成長しているのか、また、オータムクラシックで羽生結弦選手のフリーの得点を上回ったチャ・ジュンファン選手も上位争いをする可能性があります。

女子シングル:チャレンジャーシリーズでも、アリーナ・ザギトワ選手の強さばかりが目に付きます。

ブレイディ・テネル選手はオータムクラシックでエフゲニア・メドベージェワ選手を破り優勝、アメリカ期待の選手です。

シニア1年目の紀平梨花選手はトリプルアクセルが安定してくれば上位に食い込む可能性があります。

また、宮原知子選手はチャレンジャーシリーズ優勝もジャパンオープンで、アリーナ・ザギトワ選手に30点の差を付けられました。

スケーティング技術はあるのですが、ジャンプが課題となってきそうです。

 

ジュニア 10月6日時点でファイナル進出者が数名決定しています。

男子シングル:グメンニク・ピョートル(ロシア)、カムデン・プルキネン、樋渡知樹、アンドリュー・トルガシェフ(以上アメリカ)

女子シングル:アリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワ、アナスタシア・タラカノワ(以上ロシア)、キム・イェリム(韓国)

日本勢では、島田高志郎選手が24ポイント獲得しており、ほぼ通過できそうな感じです。

最終戦に出場予定の木科雄登選手は2位以上で出場可能、鍵山優真選手は優勝しなければファイナル進出はありません。

女子は残念ながらファイナル進出はなりませんでした。

グランプリファイナル2018の放送日程 ライストは?

地上波のテレビ放送については、例年通り、テレビ朝日が独占放送をします。

放送時間は試合間際にならないと発表しません。

何故なら、出場選手によって放送時間を変えるからです。

羽生結弦選手がファイナル進出となれば、ゴールデンタイムに録画放送します。

そうでなければ深夜に放送したり、BS朝日でライブ放送したりする可能性もあります。

 

ライストでライブ放送を見たい!という方のために演技の日本時間を記載します。

ジュニア男子シングル SP:12月7日 8:20~9:06 FS:12月8日 10:05~10:56

ジュニア女子シングル SP:12月7日 10:40~11:26 FS:12月9日 8:15~9:06

シニア男子シングル SP:12月7日 12:45~13:31 FS:12月8日 14:35~15:29

シニア女子シングル SP:12月7日 14:00~14:46 FS:12月9日 6:55~7:49 

エキシビション:12月10日 7:00~9:30

まとめ

グランプリシリーズは10月20日に開幕、選手はここからグランプリファイナルを目指します。

新しい王者、女王が誕生するのか、歴代の優勝者がその座を守るのか、新旧選手の入れ替えもあり予想が難しくなっています。

シニア1年目の選手がいきなり上位争いをする可能性もありますし、昨シーズンのようにベテラン勢が活躍するかもしれません!

けがが心配な選手も数名いますし、みな無事にエントリーしている大会に出場してほしいと思っています。