東京オリンピック陸上チケットの値段や購入方法は?開催日程や会場&強化選手も!




Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

東京オリンピック・パラリンピック2020の観戦チケットの概要が2018年7月20日、組織委員会から発表されました。

今回は、アジア大会でも金メダルを獲得した陸上競技の値段や購入方法、開催日程などを調べてみました。

東京オリンピックを生で観戦したい!という方は参考にしてほしいと思います。



スポンサーリンク




東京オリンピック陸上チケットの値段や購入方法は?

東京2020組織委員会は、競技別のチケットの価格を発表しました。

最高価格は開会式の30万円だそうです。

では、陸上競技のチケットの価格はどれくらいなのでしょうか?

競技の一般チケットとしては陸上のトラック&フィールド競技が13万円と最高価格となっています。

「そんなに高いんじゃ見にいけない~」と言う人が多いと思いますが、最安値が3,000円とのことです。

どうしてそんなに違うの?と思いますよね。

席の場所もあるとは思いますが、競技スケジュールが大きく影響しているようです。

確かに陸上競技は予選から始まり、準決勝、決勝と進んでいきます。

予選よりは決勝を見たいという人が多いはず!やはり人気があれば価格も高くなるのでしょうね。

さて、観戦チケットの購入方法ですが、組織委員会の公式販売サイトで販売されます。

購入には、「Tokyo2020 ID」への登録が必要となります。

観戦チケットはほとんどがインターネット販売となるため、IDの取得が必須になります。

登録は2,3分で終わる簡単なものだということ、今から登録しておきましょう。

また、IDを登録しておくとオフィシャルオンラインショップでの購入がとても簡単になるそうです。

日本国内在住者向けのチケットの販売スケジュールは次の通りです。

オリンピック:2019年春~一般販売開始(抽選申込を含む)

パラリンピック:2019年夏~一般販売開始(抽選申込を含む)

陸上競技開催日程や会場

View this post on Instagram

【DAY13】ジャカルタ・パレンバンアジア大会 @asiangames2018 陸上競技の男子4×100mリレーで日本が20年ぶりに優勝し、男子50km競歩では勝木隼人選手が金メダルを獲得。柔道では、男子73kg級の大野将平選手ら日本勢が4階級を制するなど、この日は陸上競技、自転車、柔道、トランポリン、ソフトテニス、ハンドボールで金7、銀2、銅3を獲得しました!🥇🥈🥉 . Team Japan🇯🇵 won 7 gold medals🥇, 2 silver medals🥈 and 3 bronze medals🥉 in Day13 (30th August). Congrats🎉🎊 . #陸上競技 #自転車 #柔道 #トランポリン #ソフトテニス #ハンドボール . #山縣亮太 #多田修平 #桐生祥秀 #ケンブリッジ飛鳥 #勝木隼人 #橋本英也 #大野将平 #玉置桃 #鍋倉那美 #新添左季 . #アジア大会 #ジャカルタ #パレンバン #AsianGames2018 #EnergyOfAsia . #がんばれニッポン #TEAMNIPPON #JapaneseOlympicCommittee . 📷 AFLOSPORT, AP/AFLO, REUTERS/AFLO, PHOTO KISHIMOTO

A post shared by 「チームがんばれ!ニッポン!」 (@team_nippon) on

東京オリンピックは2020年7月24日、国立競技場で開会式が開催されます。

陸上競技の日程

会場:国立競技場 ※競歩は皇居外苑

7月31日(トラック&フィールド):9:00~22:000

8月1日(トラック&フィールド):9:00~22:000

8月2日(トラック&フィールド):10:00~22:00

   (女子マラソン)    :7:00~10:30 

8月3日(トラック&フィールド):9:00~22:000

8月4日(トラック&フィールド):9:00~22:000

8月5日(トラック&フィールド):9:00~23:00

8月6日(トラック&フィールド):9:00~22:000

8月7日(トラック&フィールド):20:00~23:00

    (競歩)        :7:00~9:30

8月8日(トラック&フィールド):19:00~22:00 

    (競歩)        :6:00~10:30

8月9日(男子マラソン)    :7:00~10:30 

陸上競技の強化選手

東京オリンピックの強化選手数

男子:148人 女子95人

日本オリンピック委員会(JOC)は東京オリンピックの金メダル数の目標を世界3位としています。

リオネジャネイロオリンピックの金メダル獲得数はアメリカ46個、イギリス27個、中国26個、そして日本が12個です。

世界3位になるためには20~30個のメダル獲得が必要です。

強化に向けた支援事業「東京オリンピック・パラリンピックに向けたアスリート強化・支援事業」は、都道府県ごとに強化選手を選出。

また、JOCでは2017年から有望アスリート海外強化支援事業を始めています。

支援を受けられるのは「23歳以下」「10年に1度の逸材」などの条件を満たす選手。

海外遠征に必要な支援、コーチやトレーナー、さらに家庭教師の費用まで支援を受けることができるそうです。

現在、選ばれているのは7人で、陸上競技ではサニブラウン アブデル・ハキーム選手が指定されています。

その支援を利用し、2017年から練習拠点を海外に移し活動、その年の全日本選手権、世界選手権で活躍、結果を残しています。

現在、けがのため大会には出場していませんが、東京オリンピック金メダル候補の一人です。

まとめ

アジア大会で100mX4リレーで金メダルを獲得、また、男子マラソンでは日本記録を更新し、報奨金1億円をゲットする選手が2人も登場するなど、東京オリピックに向けて楽しみな選手が台頭してきました。

なかなか世界に太刀打ちできなかった短距離やマラソンでもメダルが期待できるところまで強化されてきます。

メダル獲得を期待して、決勝レースのチケットは高倍率、高額になりそうですし、日本選手が決勝まで進出してくれると見ている方も楽しみですよね。

いろいろ問題があってバタバタした時期もあった東京オリンピック。

アスリートたちの頑張りに運営側も応えるべく良いオリンピックにしてほしいものです。

こちらも読まれています♪

さて、日本中の夢と期待に高まっている2020年の東京オリンピック! 開催地が、東京に決まったあの頃は2020年ってまだまだ先だな~なんて思...
投稿本文中h2前のアドセンス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  
スポンサーリンク

こちらも読まれています♪