エンタメ

FNS27時間テレビ2018視聴率は?歴代一覧まとめや最高瞬間視聴率!生放送ではない理由も!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

こんにちは。フジテレビ系列で放送される「FNS27時間テレビ」。2017年から、これまでお笑い中心だった内容を一新して、「にほんのれきし」について学ぶ番組となりました。

今年のテーマは「にほん人は何を食べてきたのか?」についてフジテレビ系の番組コラボや企画と一緒に放送されます。

総合司会はビートたけしさんと、関ジャニ∞の村上信五さんです。「日本食」のすばらしさを全力でお届けしてくれます。

今回の記事ではFNS27時間テレビ2019の視聴率とこれまでの歴代視聴率をまとめました。

FNS27時間テレビ2019の放送日&視聴率は?

今回のFNS27時間テレビの内容は食にまつわる企画が満載!その放送日は

2018年の放送日程/9月8日(土)18:30~9月9日(日)21:54

企画内容は「にほん人食堂」「たけし村上農場」「にほんの食遺産」など。昨年も放送された「学ぶヒストリー劇場」では堤真一さんや桐山照史さんなどが明治維新がもたらした食の変化について学びます。

 

このツイッターをご覧いただいてわかるように生放送ではなく録画放送となります。(後半に記載します)

 

2018年の視聴率は歴代ワーストの7.3%でした。(瞬間最高視聴率はサザエさんで15.4%)

2019年の視聴率はこれを上回るとよいですね

FNS27時間テレビの視聴率歴代一覧

FNS27時間テレビの歴史は1987年からはじまります。当時の司会者はタモリさんと明石家さんまさんだったのですね。しかもその頃は24時間で、一回きりの放送予定でしたが、視聴率が良かったために毎年恒例となりました。

  放送時間 平均視聴率 瞬間最高視聴率
1987年  23時間54分  19.9 38.1%
1988年 23時間54分 14.0 32.5
1989年 24時間54分 14.7 29.3
1990年 23時間54分 11.7 33.6
1991年 23時間54分 11.7 28.3
1992年 24時間58分 19.0 38.3
1993年 22時間58分 17.9 33.4
1994年 22時間58分 13.8 29.9
1995年 22時間58分 15.1 32.0
1996年 29時間24分 14.4 33.4
1997年 26時間54分 11.6 22.1
1998年 26時間54分 12.1 24.2
1999年 27時間24分 13.1 27.5

 

 

2000年 26時間54分 13.9 26.5
2001年 26時間54分 11.4 27.5
2002年 26時間30分 11.6 20.3
2003年 27時間00分 10.3 不明
2004年 26時間30分 16.9 32.7
2005年 24時間57分 13.0 25.4
2006年 25時間54分 12.6 27.5
2007年 26時間15分 12.4 22.7
2008年 26時間54分 13.8 26.7
2009年 25時間54分 13.8 25.0
2010年 25時間54分 12.6 23.7
2011年 26時間24分 14.0 29.8
2012年 26時間24分 14.1 26.4
2013年 26時間24分 9.8 20.8
2014年 26時間24分 13.1 23.8
2015年 27時間24分 10.4 19.1
2016年 26時間54分 7.7 16.9
2017年 26時間54分 8.5 18.6
2018年 27時間24分 7.3 15.4 

なんと平均視聴率が1桁台となってきました。テレビ離れが進んでいるとはいえ24時間テレビなどの視聴率は2桁を切ったことはありません。瞬間最高視聴率も20%を下回っています。

24時間テレビ2019視聴率は?歴代ランキングや一覧まとめも!

FNS27時間テレビ2019が生放送ではない理由とは?

FNS27時間テレビといえばお笑い番組を27時間ぶっつけで生放送してくれるというイメージでしたが、昨年よりにほんのれきしとして学びの番組となっています。

 

SNSでは

SNSには、録画放送を延々と27時間ぶっつづけで流すことの意味がわからないという声が多数見受けられるほか、教養バラエティということであれば、普通に見やすい時間に2時間程度の特番でやってほしい

といった意見も出ていました。

 

司会者はビートたけしさんと村上くんなのでもちろんお笑いの要素はたっぷりありますし、見ごたえのある番組になっていますよね。

それでは生放送ではない理由についてですが、

「歴史というテーマで、収録の方が番組としての完成度が高いんじゃないかというのが大きな理由です。新しいことに挑む時、収録でやっちゃいけない理由もないし、逆に売りになるかもれない。『収録番組の段積みなら、普段と変わらないじゃないか』という批判もあるとは思いますが、歴史という縦軸で27時間テレビのパッケージになっていればいいというところですね」 

 

今まではお笑いがメインだったので、何かトラブルがあっても笑いで回避できたが、テーマが歴史というだけあってきっちり放送したいということなのですね。

 

歴史を扱うだけに、生放送の場合、出演者は「合っているかな?」「間違っていないかな?」と発言に慎重になり「ストッパーがかかってくるところがあると思うんです」。さらに、誤った情報は信用を失う。「出演者みんなのストッパーがかからずに、知っていることを自由に話してもらいながら、精度を上げ、おもしろいところを目指すには、収録の方がよかったと思います」

 

「誤った情報は信用を失う」確かに生放送で情報が間違っていたら視聴者の方も混乱しますし、出演者の方々もご自身の意見があっているのか不安になりますよね

 

まとめ

いかがでしたか?FNS27時間テレビの視聴率や生放送でない理由についてまとめました。今回のれきしは「食」みなさんで一緒に学びましょう

ABOUT ME
ひらり
読んで頂きありがとうございます 3歳と1歳の息子を育てながら、素敵な暮らしを目指して、気に入ったインテリアやおいしいもの、素敵な場所をブログにしています