アクセス方法

札幌ドームへのアクセス方法!新千歳空港から一番早く到着する方法は?

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

こんにちは。近年、野球やサッカー観戦やアーティストのコンサート観戦で札幌ドームを訪れる人が多くなっています。

また、札幌ドームは「ラグビーワールドカップ2019」、「東京オリンピック2020」(サッカー)の会場にもなってため、今後国内外から訪れる人も増えるのではないでしょうか。

今回は札幌ドームへ新千歳空港から直接向う方法と、札幌ドームから札幌都心で移動する方法を調べてみました。

札幌ドームへのアクセス方法!場所と地図は?

札幌ドームアクセス

住所:北海道札幌市豊平区羊ケ丘1

 

札幌ドームは札幌市の東側に位置し、Jリーグの北海道コンサドーレ札幌のホームスタンド、日本プロ野球・パシフィックリーグの北海道日本ハムファイターズの本拠地としてサッカー、野球の試合が開催されいています。

収容人数はサッカー、野球で約4万人、コンサート開催で約5万3000人と北海道内で最大を誇り、ビックアーティストのコンサートやイベントなどにも利用されています。

特にコンサートは北海道内だけでなく道外からもたくさんの観覧客が訪れるため、さらにひどい混雑になってしまいます。

新千歳空港から1番早く到着する方法は?

新千歳空港から直接札幌ドームへ行くにはどんな方法があるのでしょうか。

空港連絡バス

新千歳空港から札幌市内へ向うには空港連絡バスが便利です。

空港の乗車場所は、1階の国内線ターミナル「バス・タクシーレーン」にあります。

札幌市内へ行くのは、北都交通と中央バスの2社があり、乗り場も違うので注意が必要です。

2社の違いですが、北都交通にはWi-Fiがあり、中央ハスは全国のほとんどのICカードが使えます。札幌市内までの運賃は1,030円と両社とも同じになっています。

また、福住駅経由のバスでないと「札幌ドーム」には停車しないのでこちらも気を付けて下さい。

逆に札幌ドームからバスで空港へ向う場合の札幌ドームの乗り場は南ゲート側です。

時刻表については2社のサイトを確認してくださいね。

北都交通の公式サイト

中央バスの公式サイト

JR

新千歳空港の国内線ターミナルの地下1階は、JR新千歳空港駅に直結しています。

札幌駅までは快速エアポートで所要37分で到着、運賃は1,070円です。

ただ、札幌駅から札幌ドームまでは路線バス、地下鉄への乗り換えが必要です。

以前はシャトルバスが新札幌駅のバスターミナルから出ていたのですが、2018年12月1日から廃止になっています。

札幌ドームへ一番早く到着する方法は?

JRが札幌ドームへ直結ではないため、新千歳空港から札幌ドームへ1番早く到着するには、空港連絡バスということになります。

ただ、せっかく札幌へ行くなら前泊して美味しいものを食べようとか、先にホテルにチェックインするのであればJRのほうが便利かなと思います。

札幌都心へのアクセス

札幌ドーム周辺に宿泊施設がなく、試合やコンサートが終わるのが遅い時間となるため、札幌都心までの移動が必要となり、交通機関を利用する必要があります。

イベント終了後は札幌ドーム周辺の道路もとても混雑するため、普段より時間がかかります。

かなり混雑しますが、イベント開催時には増便もされているため、札幌ドームから札幌都心へ移動するなら地下鉄を利用するのが1番よさそうです。

札幌市営地下鉄

札幌ドームの最寄り駅は東豊線の終着駅「福住駅」です。

札幌ドームから「福住駅」までは徒歩約15~20分、3番出口が近いですが、混雑するため道路の逆側の4番出口を利用する人も多いようです。

イベントが終了し、夕食を取るとか、飲みに行くなら、北海道一の歓楽街すすきのがオススメ、その場合は「豊水すすきの駅」で下車してください。

乗車時間は約10分、駅周辺にはホテルも多く、すすきの中心部へも近いことからとても便利な場所です。

宿泊するホテルが大通公園周辺なら「大通公園駅」(乗車時間12分)、札幌駅周辺なら「さっぽろ駅」(乗車時間14分)です。

札幌市内の地下鉄は乗り換えも複雑ではないので、北海道外からの方も迷う事なく利用できるのではないでしょうか。

帰りの地下鉄は混み合うため、切符はあらかじめ購入することをオススメしますが、切符を買うよりはICカード乗車券のほうが便利、しっかりチャージしておきましょう。

札幌市営地下鉄は「SAPICA」というICカード乗車券がありますが、JR北海道の「Kitaca」、JR東日本の「Suica」JR西日本の「ICOCA」も利用可能となっています。

以前は「ウイズユーカード」というプリペイド型乗車カードがあったのですが、2015年3月で廃止になっています。

ただ、土日祝であれば、ドニチカキップという地下鉄専用の1日乗車券がお得で便利です。

価格は大人:520円、こども:260円です。

ドニチカキップは切符の自動販売機で購入可能です。

シャトルバス

プロ野球、サッカー、コンサートなどの大規模イベント開催時には、シャトルバスが運行します。

札幌ドームから地下鉄、JRの駅までノンストップ!料金も210円とお得です。

イベント終了時刻にあわせて随時出発しています。

シャトルバスの乗り場は札幌ドームの南東側に位置しています。

行き先は次の通りです。

・地下鉄南北線・真駒内駅:所要時間25分

・地下鉄南北線・平岸駅:所要時間25分

・JR白石駅:所要時間30分

・地下鉄東西線・南郷18丁目駅:所要時間15分

また、帰りだけでなく、行きも上記の場所から札幌ドームまで、イベント開場時刻の30分前~イベント開始時刻まで運行しています。

運行時間は乗車状況にあわせて随時出発しています。

あまり利用する人は少ないと思いますが、札幌駅前・東急デパート前から「札幌ドーム行き」の路線バスが運行されています。

所要時間:33分 運賃:240円(真栄団地線は210円)

まとめ

大きなイベントであればどこでも混雑はつきものですが、賢く移動して時間を上手に使いたいものですね。

将来的には、北広島市に(札幌と千歳の間くらい)日本ハムファイターズが自前の球場「北海道ボールパーク)(仮称)を開業する予定です。

予定は2023年3月とのことです。

JR北海道は新駅の建設も検討しており、そうなると新千歳空港からのアクセスがとても便利になりそうです!

北海道ボールパークは球場だけでなく、周辺にホテルやレストラン、ショップに温浴施設、公園なども併設するとのことですから、札幌へ行く事なく移動も可能になるのではないでしょうか。

ただ、まだまだ先のことなので、今は混雑覚悟で札幌ドームへ行くしかありませんが(苦笑)