ワールドカップ2018

ワールドカップ2022アジア2次予選日本代表の日程や組み合わせを調査!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

2022年11月にカタールで行われるサッカーワールドカップは、同大会としては中東で初めて開催されます。

アジア地区の1次予選はすでに終了し、2次予選は2019年9月5日から2020年6月9日まで行われます。

日本は2次予選から出場、今回はアジア2次予選の日程や組み合わせについて調査しました。

ワールドカップアジア予選2022日本代表の日程や組み合わせ

組み合わせ抽選は2019年7月17日に開催国のカタールで行われ、日本はグループFに入りました。

試合日程は次の通りですが、開催会場は現時点で未定となっています。

日程 対戦国 会場
2019年
9月10日(火) ミャンマー ミャンマー/ヤンゴン(未定)
10月10日(木) モンゴル ホーム(未定)
10月15日(火) タジキスタン タジキスタン/ドゥシャンベ(未定)
11月14日(木) キルギス キルギス/ビシュケク(未定)
3月26日(木) ミャンマー ホーム(未定)
2020年
3月31日(火) モンゴル モンゴル/ウランバートル(未定)
6月4日(木) タジキスタン ホーム(未定)
6月9日(火) キルギス ホーム(未定)

アジア予選のグループ分け

View this post on Instagram

2022FIFAワールドカップカタール アジア2次予選の組み合わせが決定‼️ ・ 📆SAMURAI BLUE マッチスケジュール ※9/5(木) キリンチャレンジカップ2019@茨城 9/10(火) vsミャンマー🇲🇲(アウェイ) 10/10(木) vsモンゴル🇲🇳(ホーム) 10/15(火) vsタジキスタン🇹🇯(アウェイ) 11/14(木) vsキルギス🇰🇬(アウェイ) ※11/19(火) キリンチャレンジカップ2019@大阪 3/26(木) vsミャンマー🇲🇲(ホーム) 3/31(火) vsモンゴル🇲🇳(アウェイ) 6/4(木) vsタジキスタン🇹🇯(ホーム) 6/9(火) キルギス🇰🇬(ホーム) ・ #daihyo #SAMURAIBLUE #worldcup

A post shared by 日本サッカー協会(JFA) (@japanfootballassociation) on

アジア2次予選へ出場するのは、FIFAランキング上位の34ヶ国と一次予選を勝ち上がった6ヶ国の計40ヶ国で、参加国は5ヶ国ずつ、A~Hの8組に分かれてホーム&アウェー方式のリーグ戦を行います。

各組首位と各組の2位の中で成績上位4ヶ国が最終予選に進むことができます。

また、2次予選は2023年に開催されるアジアカップの予選も兼ねているため、開催国のカタールも出場します。
※W杯開催国は予選免除です。

グループA

チーム FIFAランキング
中国 73
シリア 85
フィリピン 126
モルディブ 151
グアム 180

グループB

チーム FIFAランキング
オーストラリア 43
ヨルダン 98
台湾 125
クウェート 156
ネパール 165

グループC

チーム FIFAランキング
イラン 20
イラク 77
バーレーン 110
香港 141
カンボジア 169

グループD

チーム FIFAランキング
サウジアラビア 69
ウズベキスタン 82
パレスチナ 100
イエメン 144
シンガポール 162

グループE

チーム FIFAランキング
バングラデシュ 183
オマーン 86
インド 101
アフガニスタン 149
カタール 55

グループF

チーム FIFAランキング
日本 28
キルギス 95
タジキスタン 120
ミャンマー 138
モンゴル 187

グループG

チーム FIFAランキング
UAE 67
ベトナム 96
タイ 116
マレーシア 159
インドネシア 160

グループH

チーム FIFAランキング
韓国 37
レバノン 86
北朝鮮 122
トルクメニスタン 135
スリランカ 201

日本代表の相手国ってどんな国?

 2次予選で日本代表が対戦するチームはどんな国なのでしょうか。

キルギス

FIFAランキング 95位
ワールドカップ最高成績 未出場
アジアカップ最高成績 ベスト16(2019年)
対日本代表成績 0勝0分1敗

日本との対戦は過去1試合だけ、2018年11月のキリンチャレンジ杯です。
その試合で日本はキルギスに4-0で完封勝ちしています。

キルギスは2014年よりロシア出身のクレスティニン監督が指揮を執っており、2018年に来日したチームは23人中11人が同監督が率いる国内リーグのドルドイ所属でした。
今年1月のアジア杯に初出場し、1勝2敗で1次リーグを突破し16強入りを果しています。

タジキスタン

FIFAランキング 120位
ワールドカップ最高成績 未出場
アジアカップ最高成績 未出場
対日本代表成績 0勝0分2敗

ブラジルW杯アジア3次予選で日本と同組に入り2試合対戦しています。
その時の成績は、2011年10月に大阪・長居スタジアムで8-0、同年11月にアウェイで4-0と快勝しました。

ただ、2018年10月に行われたU-16(16歳以下)アジア選手権決勝で対戦、1-0で接戦を制するも、タジキスタンの若い世代の台頭には注意が必要です。

ミャンマー

IFAランキング 138位
ワールドカップ最高成績 未出場
アジアカップ最高成績 準優勝(1968年)
対日本代表成績 0勝0分1敗



ミャンマーは1968年のアジアカップにビルマとして初出場準優勝を果しています。

また、近年は低迷しているようで、1994年10月の広島アジア大会で対戦し、日本が5-0で勝っています。

2019年3月のU-23(23歳以下)アジア選手権予選で対戦があり、日本は7-0で大勝しています。

モンゴル

FIFAランキング 187位
ワールドカップ最高成績 未出場
アジアカップ最高成績 未出場
対日本代表成績 なし

2017年にモンゴルで開催されたU-19(19歳以下)アジア選手権で対戦はあるものの(7-0で日本の勝利)、A代表はモンゴルと初対戦となります。

モンゴルは前回のW杯ロシア大会アジア1次予選に出場、東ティモールに負け、世界最速で予選敗退してしまいました。

2002年からW杯予選に参加し、1次予選を突破したのは今回が初めてとなります。
モンゴル代表のミヒャエル・ワイス監督は、2002年から1年半、京都サンガF.C.(当時はJ1)でコーチを務めており警戒が必要です。

過去のワールドカップでの日本代表

日本代表は、1954年スイス大会の予選が初参加、W杯初出場は1998年フランス大会となります。

各大会の成績は次の通りです。

開催年 開催国 最終成績 グループステージ成績
1998 フランス グループステージ敗退 4位敗退(勝点0)
2002 日本・韓国 ベスト16 1位通過(勝点7)
2006 ドイツ グループステージ敗退 4位敗退(勝点1)
2010 南アフリカ ベスト16 2位通過(勝点6)
2014 ブラジル グループステージ敗退 4位敗退(勝点1)
2018 ロシア ベスト16 2位通過(勝点4)

アジア最終予選の方式

アジア最終予選では、2次予選を勝ち上がった12ヶ国は2組に分かれてリーグ戦を行います。

アジアの出場国は4.5国、各組の上位2ヶ国が本大会出場権を獲得し、3位の2ヶ国はアジア第5代表決定戦へ進みます。

まとめ

まだまだ先と思ってた2022年サッカーW杯カタール大会ですが、まもなくそこへ向けた戦いが始まるんですね。

新しいチームがどんなプレーを見せてくれるのか、予選から成長し、世界で通用するチームとなり、本大会出場目指してほしいと思います。
みんなで応援していきたいですね!