エンタメ

台風23号進路予想図2018最新や今後!気象庁の最新情報や名前&発生日一覧も!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

こんにちは。異例の早さで発生する台風。今年はかなりのハイスピードでの発生となっています。22号が発生と同時期に23号が発生。名前は「バリジャット」

こちらの記事では台風23号の進路予想図や気象庁の最新情報、名前の由来や2018年の発生日一覧をまとめました。

台風23号2018進路予想図は?

9月11日9時に南シナ海で台風23号が発生し、西へ20キロで進んでおり、ベトナムに向かっています。22号もほぼ同時期に台風となり、9/10にグアムを直撃しています。

気象庁の最新情報は?

出典:https://www.jma.go.jp/jp/typh/

気象庁の発表では

平成30年09月13日13時10分 発表

<13日12時の実況>
大きさ
強さ
存在地域華南
中心位置北緯 20度50分(20.8度)
東経 110度10分(110.2度)
進行方向、速さ西 20km/h(12kt)
中心気圧1000hPa
中心付近の最大風速18m/s(35kt)
最大瞬間風速25m/s(50kt)
15m/s以上の強風域全域 110km(60NM)

引用:気象庁

 

台風23号の日本への影響はなく、今後の動きは

<14日00時の予報>
強さ
存在地域トンキン湾
予報円の中心北緯 21度00分(21.0度)
 東経 107度50分(107.8度)
進行方向、速さ西 20km/h(12kt)
中心気圧1000hPa
中心付近の最大風速18m/s(35kt)
最大瞬間風速25m/s(50kt)
予報円の半径70km(40NM)

引用:気象庁

 

台風のこの時期までの発生数は平年でいくと16個くらいです。昨年の23号は10月末に発生しており今年がすでに23個ですのでかなりのハイペースとなっています。

 

23号は14日午前9時までに熱帯低気圧に変わる見込みです。

22号も日本列島への影響はない見込みですが、太平洋側の海上ではうねりが入って波がやや高くなりそうです。

 

また、フィリピンから華南、ベトナム方面は15日(土)から17日(月)にかけて大きな影響が懸念されます。もし3連休でこの方面に行く予定のある方は、最新の台風情報や運航情報はこまめに確認するようにしてくださいね。

台風23号の名前や理由も!

9月11日9時、南シナ海の台風23号「バリジャット」が発生しました。

ではこのバリジャットの名前の由来は何でしょうか?以前は英語で女性の名前と聞いたことがありますが、果たしてそうなのでしょうか?

台風には従来、米国が英語名(人名)を付けていましたが、北西太平洋または南シナ海で発生する台風防災に関する各国の政府間組織である台風委員会(日本含む14カ国等が加盟)は、平成12年(2000年)から、北西太平洋または南シナ海の領域で発生する台風には同領域内で用いられている固有の名前(加盟国などが提案した名前)を付けることになりました。

 平成12年の台風第1号にカンボジアで「象」を意味する「ダムレイ」の名前が付けられ、以後、発生順にあらかじめ用意された140個の名前を順番に用いて、その後再び「ダムレイ」に戻ります。台風の年間発生数の平年値は25.6個ですので、おおむね5年間で台風の名前が一巡することになります。

2018年台風23号までの名前と発生一覧

では今年2018年に発生した台風の名前と発生一覧です。

ご覧の通り1月・2月・3月は各1回に対し6月以降急に台風発生が増えました。特に8月は9個の台風が発生するなど今年はかなり増えています。

台風1号1月3日ボラヴェン
台風2号2月11日サンバ
台風3号3月25日ジェラワット
台風4号6月6日イーウィニャ
台風5号6月8日マリクシ
台風6号6月15日ケーミー
台風7号6月29日プラピルーン
台風8号7月4日マリア
台風9号7月17日ソンティン
台風10号7月18日アンピル
台風11号7月23日ウーコン
台風12号7月25日ジョンダリ
台風13号8月3日サンサン
台風14号8月7日ヤギ
台風15号8月12日リーピ
台風16号8月13日バビンカ
台風17号8月14日ヘクター
台風18号8月15日ルンビア
台風19号8月16日ソーリック
台風20号8月18日シマロン
台風21号8月28日チェービー
台風22号9月7日マンクット
台風23号9月11日バリジャット

 

ABOUT ME
ひらり
読んで頂きありがとうございます 3歳と1歳の息子を育てながら、素敵な暮らしを目指して、気に入ったインテリアやおいしいもの、素敵な場所をブログにしています