妊娠・育児

顔面神経麻痺の原因はストレス?実際に経験したのでお話しします!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

こんにちは。1歳と3歳の子供を育てる専業主婦のひらりです。私は20代前半のある日、右顔面神経麻痺になりました。病院に行って先生に言われたことは「1週間で治るかもしれないが、一生治らないかもしれない」でした。

もう私は一生笑わないと思いました。笑えば片方だけがニヤリと不気味な笑いになるからです。そんな私も今は平凡な毎日を送っています。平凡な毎日に感謝です。

顔面神経麻痺とは?

表情筋が動かせなくなる病気です。大抵の人は右側もしくは左側の片方に症状がでます。片側が動かせなくなることにより、目が閉じられない、よだれがでる、味覚がわかりにくくなるといった不具合が出ます。私が一番やっかいだと思ったのは、メンタルです。やる気がなくなります。病気をすると落ち込みますよね。

 

病気の原因は?

頭蓋内から出て耳の中を走り、顔に広がる顔面神経の働きがなんらかの理由で阻害されている病気です。脳血管障害や脳腫瘍などで起こることもありますが、最も多いのは末梢神経の麻痺で、これを「ベル麻痺」と呼んでいます。原因不明ですが、ウイルス感染や、結構不良が関与しているとみられています。

 

帯状疱疹のウイルスによる顔面麻痺も多くみられ、これは「ハント症候群」と呼ばれています。症状は耳に水泡ができます。帯状疱疹とは、水ぼうそうになったことのある人がもう一度水ぼうそうになる病気です。水ぼうそうというのは完治していても体の中に潜んでいて、ストレスや老齢の方など、免疫低下や抵抗力が弱まったときにでるものです。

 

私の場合は当時の恋愛がすごくストレスの多いものだったので発症したのかもしれません。ある朝、舌にしびれを感じ、ハミガキしたときにタラタラとこぼしてしまったのです。

 

なぜやる気がなくなるのか?

はじめはあまり実感がないので、「顔が歪んだー」って笑い飛ばせます。仕事を休むことになって、本当に申し訳ない気持ちになります。そして日にちが経つにつれ、だんだん顔が思うように動かせないことがストレスになります。本当に一生治らないかもしれないと思うようになります。

 

顔を洗うときに目を閉じられないので、マスカラやアイメイクは避けるようになります。寝るときももちろん開いたままです。乾燥します。ごはんを食べるときに、こぼしてしまうのでご飯を食べることが面倒になります。ハミガキは横からボトボト落ちます。ジュースはストローで飲みますが、手で片方の口の端を閉じないとうまく吸うことができません。

 

顔が歪んでいるので、外に出たくなくなります。人と会うのを避けます。どんどん闇の中に入ってしまいます。笑うと変な顔になるので、一生笑えないかもなと思うようになります。病院へ行く道で、人とすれ違ったときに、私の顔が変だと思ったかもと思うようになります。

 

そのうち右側の表情が変わってきます。動かしていないので、筋力がなくなって、眉毛の位置が下がります。口角も下がります。目じりも下がります。もっとメイクがしたくなくなります。何もかもやる気がでなくなります。

 

治療方法は?

毎日、土日も休まず、病院に行き点滴に行き薬を飲みました。入院と通院を選べましたが、通院を選びました。家族の元にいる方が良いと思ったからです。

 

点滴は太るので、その時8kgも太ってしまいました。でも治療が優先だし、友達に会うこともないのでどうでもいいです。そのうち、耳に帯状疱疹ができます。また点滴が増えます。病院は病気の人がいて、その中にいてると更に気持ちが下がります。リハビリは毎日風船を膨らましました。

 

いつ治ったか?

2ケ月半が経ったころ、目が少し!少しですが動き始めました。奇跡というか喜びでしたね!そして眉毛も動かせるようになり、口も少し動くようになりました。そこからはかなり早くある程度まで治っていきました。病院の先生に完治と診断して頂いたのは発症してから3ケ月後でした。

 

自分では違和感が残りますが、他の人がみてもわからないくらいに回復していました。うれしくて笑いました。最終的に違和感がなくなったのは発症してから1年後でした。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?このブログを読んでいる方は、現在もしかしたらこの病気になっているのかもしれません。知り合いの方が病気なのかもしれません。私の気持ちとしてはとにかくそっとしておいてほしいという気持ちでした。見守る感じが一番ありがたいです。

 

TKOの木下さんが2014年にこの病気で顔が歪んだままTVに出演されていましたよね。全然、仕事を休まず行っても良かったのかなとも思いますが、母に「長い人生少しくらい休んでも全然大丈夫」と言われたのがきっかけで治療を優先しました。

 

あと治った要因は、もしかしたらその時に、近くの郵便局の受付の方が顔が歪んでいたようで、その仕事をする様子をみて元気をもらったからかもしれません。

 

病は気から!気持ちが一番の治療薬かもしれません。

 

ABOUT ME
ひらり
読んで頂きありがとうございます 3歳と1歳の息子を育てながら、素敵な暮らしを目指して、気に入ったインテリアやおいしいもの、素敵な場所をブログにしています