アクセス方法

【静岡エコパスタジアム】イベント帰りの混雑状況を調査!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

静岡県最大のスタジアム・静岡エコパスタジアムはラグビーワールドカップ2019の会場のひとつになっています。
今回は、スタジアムへの電車のアクセス方法や、帰りの混雑状況などを調べてみました。
利用する際の参考にしてほしいと思います。

それではイベント帰りの混雑状況についてです。

イベント帰りの混雑状況

静岡エコパスタジアムの収容人数は50,889人です。

Jリーグの試合時には毎回かなり混雑するとのこと。シャトルバスも運行されますが、徒歩で愛野駅に向う人が多いそうです。

駅までは人が列を作って移動するため、通常15分かかるところ2時間かかったという情報も・・・。

EXILEのコンサートやももいろクローバーZの桃神祭の時は尋常ではない人の列が長時間に渡り続いたそうです。

徒歩で時間がかかるならタクシーで行けばいいのでは?と思いますが、スタジアムからの列が愛野駅改札まで続き、駅で横入りができない状態だそうです。

タクシーも愛野駅までだといい顔をしないなんて話もあるので、ファン同士でシェアして掛川駅まで行ってしまう人も多いようです。
4人で乗れば、深夜料金になったとしても1人1,000円まで掛からないとのことですよ。

コンサートなどはある程度終了する時間が決まっていますが、サッカーやラグビーなどは試合内容によってまちまちです。

Jリーグや大きなイベント時には、帰り混雑時間に合わせてJRが電車を増便するそうですが、それでも電車に乗るまでかなり時間がかかってしまうとのことです。

静岡県ではラグビーワールドカップ開催時に愛野駅の混雑緩和のため、掛川、浜松、静岡の各駅からシャトルバスを運行する予定です。

また、近隣に4ヶ所新設する臨時駐車場からスタジアム行きのシャトルバスの運行(パーク&バスライド)も予定しています。

静岡エコパスタジアムでのイベントは?

過去に行われた大きなスポーツイベント

過去に行われた大きなスポーツイベントは次の通りです。

日時 イベント名
2002 FIFAワールドカップ
6/10 グループステージ カメルーン代表vsドイツ代表(6月11日)
6/14 グループステージ ベルギー代表vsロシア代表(6月14日)
6/21 準々決勝 イングランド代表vsブラジル代表(6月21日)
2003/9/10 NEW!!わかふじ国体
2005~2010、2012 天皇杯 JFA 全日本サッカー選手権大会
2006/10/28~31 ねんりんピック静岡2006
2007/8/4 2007JOMOオールスターサッカー
2011/8/3 スルガ銀行チャンピオンシップ2011(ジュビロ磐田vsCAインデペンディエンテ)

サッカー

Jリーグ・ジュビロ磐田が磐田市にあるヤマハスタジアムと静岡エコパスタジアムをホームスタジアムとしています。

また、2002年のサッカー日韓大会、オールスターサッカーなど大きな大会も行われました。

ラグビー

静岡エコパスタジアムはラグビーワールドカップ2019の開催会場の1つです。

静岡エコパスタジアムでの日程は次の通りです。

日時 時間 対戦
9/28(土) 16:15 ☆日本vsアイルランド
10/9(水) 16:15 スコットランドvsロシア
10/11(金) 19:15 オーストラリアvsジョージア

ラグビーのトップリーグの試合も開催されます。

2019年の試合予定は次の通りです。

6/29(土)

12:00 トヨタ自動車ヴェルブリッツvsキャノンイーグルス

14:30 ヤマハ発動機ジュビロvs東芝ブレイブルーパス

 

静岡エコパスタジアムからの電車でのアクセス方法

静岡エコパスタジアムの最寄駅

JR東海道本線・愛野駅:愛野駅は、静岡エコパスタジアムが2002年FIFAワールドカップの会場の1つとなったため、開催に先立って2001年に開業した新しい駅です。
愛野駅からスタジアムまでは徒歩で15分くらいで行く事ができます。
また、大きなイベントの際はシャトルバスが運行されています。

あわせて読みたい
【静岡エコパスタジアムへのアクセス方法】大阪から一番お得な行き方を調査!「静岡エコパスタジアム」は、サッカーやラグビー、陸上競技などが行われる静岡県最大の多目的競技場です。 今回は、「静岡エコパスタジアム」...

まとめ 

帰りの混雑を避けるため、最後まで見ずに帰るという手段もありますが、コンサートなどはせっかくだったら最後まで見たいですよね。

いつも思いますが、大きなイベントには観客の移動問題は必ず発生します。
今後、日本ではラグビーワールドカップ、そして東京オリンピックと世界的な大会が開催されます。

主役は競技をするアスリートですが、観客が一体となってその場の雰囲気を作るもの。

主催者、イベント会社にはトラブルのない観客移動をお願いしたいものですね。