アクセス方法

熊谷ラグビー場へのアクセス方法!羽田空港から一番安くて早い行き方は?

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

熊谷ラグビー場は、埼玉県熊谷市の熊谷スポーツ文化公園内にあるラグビー専用のスタジアムです。

2019年にはラグビーW杯の会場として使用される予定です。

今回は、熊谷ラグビー場へのアクセス方法や、羽田空港から一番安くて早い行き方などを調べてみました。

W杯観戦の参考にしてほしいと思います

熊谷ラグビー場とは?

熊谷ラグビー場へのアクセス方法

熊谷ラグビー場の地図

 

 

施設情報

・住所:埼玉県熊谷市川上810

・収容人数:24,000人

・所有者:埼玉県

 

熊谷ラグビー場とは

熊谷ラグビー場のある熊谷スポーツ文化公園は、2004年(平成16年)秋に開催された第59回国体「彩の国まごころ国体」のメイン会場でした。

公園内にはラグビー場のほか、屋内運動施設のくまがやドーム、陸上競技場があります。

熊谷ラグビー場には、メインスタジアムとなるAグラウンドとサブのB、Cグラウンドがあり、主に高校ラグビーの埼玉予選の会場として使用されています。

また、トップリーグや関東大学リーグの上位クラスのリーグ戦にも使用されています。

AグラウンドはラグビーW杯に向けて改修工事を行い、2018年10月にリニューアルオープンしています。

ラグビーW杯試合日程

キックオフ 対戦カード プール
9月24日(火) 19:15 ロシアvs欧州・オセアニアPO A
9月29日(日) 14:15 ジョージアvsウルグアイ D
10月9日(水) 13:45 アルゼンチンvsアメリカ C

熊谷ラグビー場へのアクセス方法

電車

①東京駅→北陸、上越新幹線→熊谷駅下車

所要時間:38分

※熊谷駅に停車する新幹線は1時間に1本程度のため、時刻表の確認が必要です。

②東京駅→東京上野ライン(高崎線経由)を利用→熊谷駅下車

所要時間:1時間13分

③新宿駅・池袋駅→湘南新宿ライン快速直通→熊谷駅下車

所要時間:1時間15分

※熊谷駅から徒歩だと約50分ほどかかりますので、熊谷駅からはバスなどを利用することになります。

バス

熊谷駅からのバスは北口から乗車します。

国際十王バス2番乗り場「大塚行き」→「陸上競技場入口」下車→くまがやドームまで徒歩7分、陸上競技場まで徒歩3分

国際十王バス3番乗り場「葛和田行き」→「赤城神社前」下車→くまがやドームまで徒歩15分、ラグビー場まで徒歩5分

国際十王バス3番乗り場「熊谷スポーツ文化公園行き」→「熊谷スポーツ文化公園」下車→くまがやドームまで徒歩12分、ラグビー場まで徒歩2分

国際十王バス3番乗り場「くまがやドーム行き」→「くまがやドーム」下車 くまがやドームまで徒歩0分、陸表競技場まで徒歩4分、ラグビー場まで徒歩10分

 

リニューアルのこけら落とし当日はW杯の観客輸送テストということもあり、熊谷駅から無料シャトルバスが運行されました。

ただ、乗車するまでの待ち時間はかなりあったようです。

乗車してしまえば、スタジアムまで15分程度です。

 

熊谷スポーツ文化公園には駐車場はありますが、W杯の時には利用ができません。

車で行く場合は「パーク&バスライド」を利用することになります。

「パーク&バスライド」とは、自動車を駐車させた後、バスや鉄道などの公共交通機関を利用して、 都心部の目的地に向かうシステムのことです。

熊谷ラグビー場では、2018年シーズンにW杯に向けパーク&バスライド(無料シャトルバス)の試験運行を行いました。

試合当日は、葛和田サッカー場に臨時駐車場を設け、そこから無料シャトルバスを運行したのです。

シャトルバスは熊谷スポーツ文化公園第6駐車場まで、所要時間約15分です。

運行時刻は往路が14:30~17:45まで15分~30分間隔で、帰りは試合終了10分後より随時運行し、最終便は試合終了1時間30分後でした。

葛和田サッカー場地図

羽田空港から安くて早い行き方は?

羽田空港から熊谷ラグビー場へ行く安い方法は電車を利用する方法になりますが、早い方法は高速バスです。

国際十王バスは羽田空港-熊谷駅間に高速バスを運行しています。

バスのりばは第1旅客ターミナル4番のりば、第2旅客ターミナル4番のりばです。

熊谷駅では南口に到着しますので、ここで路線バスへ乗り換えます。

 

所要時間:約2時間30分

運賃:2,450円(小人1,230円)

 

まとめ

球場や競技場など、大きな会場はなかなか街中にはないもの。

そこまでの交通アクセスの良し悪しは集客力アップにもつながります。

ラグビーW杯となると、かなりの混雑が予想されますので、スムーズに観客が移動できるよう運営側に万全を期してほしいですね。

また、観客側も自分に最善の移動方法を見つけてストレスなく試合観戦したいものです。