スポーツ

クラブワールドカップ賞金2018は?歴代優勝チームや開催国も!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

毎年12月に行われるサッカークラブチームの世界一決定戦「クラブワールドカップ」。

2018年は12月12日からアラブ首長国連邦(UAE)で開催中です。

今回は、クラブワールドカップ2018の賞金や歴代優勝チームなどを調べてみました。

クラブワールドカップ2018の賞金は?

クラブワールドカップ賞金2018

クラブワールドカップ2018の賞金は次の通りです。

優勝:500万ドル(約5.6億円)

準優勝:400万ドル(約4.5億円)

 3位:250万ドル(約2.8億円)

 4位:200万ドル(約2.3億円)

 5位:150万ドル(約1.7億円)

 6位:100万ドル(約1.1億円)

 7位:50万ドル(約5,600万円)

この賞金を高いと思うでしょうか?

4年に1度行われる、国と国の争いサッカーワールドカップの賞金と比べてみましょう。

2018年6月に行われたロシアワールドカップの賞金総額は7億9,100万ドル(約900億円)で過去最高となりました。

優勝国には3,800万ドル(約43億円)、準優勝国が2,800万ドル(約32億円)、3位が2,400万ドル(約27億円)が支払われたそうです。

なんと、クラブワールドカップの8倍です!

クラブワールドカップは賞金ではなく、世界一という称号を得るための大会なのです。

ちなみに、クラブワールドカップの賞金には変更なく、毎年同じとなっています。

クラブワールドカップの歴代優勝チームや開催国は?

2000年に第1回大会が開催されましたが、その後中断しています。

2005年からトヨタカップを吸収して、6大陸の選手権王者がトーナメント方式で優勝を争う形式に変更されました。

クラブワールドカップの歴代優勝チームと開催国は次の通りです。

2000年・ブラジル:コリンチャンス(ブラジル)

2001年:広告代理店ISL社の倒産により開催中止

2005年・日本:サンパウロ(ブラジル)

2006年・日本:インテルナシオナル(ブラジル)

2007年・日本:ミラン(イタリア)

2008年・日本:マンチェスターU(イングランド)

2009年・UAE:バルセロナ(スペイン)

2010年・UAE:インテル(イタリア)

2011年・日本:バルセロナ(スペイン)

2012年・日本:コリンチャンス(ブラジル)

2013年・モロッコ:バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)

2014年・モロッコ:レアル・マドリード(スペイン)

2015年・日本:バルセロナ(スペイン)

2016年・日本:レアル・マドリード(スペイン)

2017年・UAE:レアル・マドリード(スペイン)

2018年・UAE

View this post on Instagram

Cristiano Ronaldo CR7 クリスティアーノ ロナウド 33歳 レアル マドリード より ユヴェントス に移籍が正式決定、移籍金は1億1700万ユーロ 約153億円 年俸3000万ユーロ 約39億円 4年契約。 9年前 24歳で マンチェスター ユナイティッド から レアル マドリード に移籍時には、移籍金 9400万ユーロ 約123億円 ちなみに、2017年 ネイマールの バルセロナ から パリ サンジェルマン に移籍金 2億2200万ユーロ 約289億円 が史上1位、CR7は第4位です。 2002~2003 スポルティングCP 2003~2009 マンチェスター ユナイティッド 2009~2018 レアル マドリード 2018~ ユヴェントスFC マンチェスター ユナイティッドでは 2006~2007 2007~2008 2008~2009プレミアムリーグ 3回優勝 2007~2008 UEFA チャンピオンリーグ優勝 2008 FIFA クラブワールドカップ 優勝 レアル マドリード では 2011~2012 2016~2017 リーガ エスパニョーラ 2回優勝 2013~2014 2015~2016 2016~2017 2017~2018 UEFA チャンピオンリーグ 4回優勝 2014 2016 2017 FIFAクラブワールドカップ 3回優勝 ポルトガル代表 2016 UEFA ユーロ 優勝 レアル史上最高得点451ゴール、バロンドール 5回受賞 は リオネル メッシ と同数 ユヴェントスは現在 マッシミリアーノ アッレグリ監督で2011年から セリアA で7連覇を達成、UEFA チャンピオンリーグは準優勝止まり、 CR7がプレミアム リーガ エスパニョーラ、セリアA の3リーグ優勝と、セリアAでチャンピオンリーグ優勝、更に6回目のバロンドール受賞が? ユヴェントスは、 イタリアの名門一族アニェッリ家が所有、FIAT フィアット クライスラー オートモービル FCO のオーナー一族です。 レアルはCR7の代役を、 パリ サンジェルマンの キリアン ムバッペ、ネイマール チェルシーの エデン アザール リヴァプールの モハメド サラー 誰になるのかなぁ〜❓ #cristianoronaldo #cr7#クリスティアーノロナウド #レアルマドリード#ユヴェントス #マンチェスターユナイテッド#ネイマール#パリサンジェルマン#バルセロナ#スポルティングcp #プレミアムリーグ# uefaチャンピオンリーグ#fifaクラブワールドカップ# バロンドール#uefaユーロ#リーガエスパニョーラ#セリアA#アチエッリ家 #fiat#フィアットクライスラーオートモービル#fco#キリアンムバッペ #チェルシー#エデンアザール #リヴァプール#モハメドサラー #マッシミリアーノアッレグリ

A post shared by 落 孝太郎 (@koukunkoukun) on

近年欧州のクラブチームが優勝、しかも過去5年で3回優勝しているレアル・マドリード。2018年大会にも出場しています。

世界各地の優秀な選手が欧州リーグに集まってしまうため、欧州のクラブチームの優勝が増えているといわれていますが、絶対的エースだったクリスティアーノ・ロナウド選手がワールドカップ後にイタリアのユヴェントスへ移籍してしまったため、他のチームにも優勝の可能性があるのではないでしょうか?

12月20日にはアジア代表の鹿島アントラーズが準決勝でレアル・マドリードと対戦します!

2016年、日本で行われた大会では決勝で対戦し、4-2で惜敗しています。

今回はリベンジの絶好のチャンス!南米、欧州以外のクラブチームの優勝が日本のクラブチームだと盛り上がりそうですね。

まとめ

サッカーワールドカップから比べるともうひとつ認知度も低く、イマイチ注目されないクラブワールドカップ。

日本企業のトヨタがスポンサーだったこともあり、以前は日本で開催することが多く、世界有数の選手を国内で見れる貴重な大会でした。

ただ、2014年大会を最後にトヨタがメインスポンサーから撤退してしまい、現在は中国の阿里巴巴(アリババ)がメインスポンサーです。

2022年まで契約が予定されているそうで、日本での開催はしばらくないかもしれませんね。

時差の関係上、ライブ放送が深夜になると、よほどサッカーが好きな人でないと見ないのでは?

鹿島アントラーズが準々決勝を勝ち上がり、準決勝で負けても3位決定戦に出場することができます。

サッカーファンならずともリアルタイムで応援したいですね!