スポーツ

クラブワールドカップ賞金2018は?歴代優勝チームや開催国も!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

毎年12月に行われるサッカークラブチームの世界一決定戦「クラブワールドカップ」。

2018年は12月12日からアラブ首長国連邦(UAE)で開催中です。

今回は、クラブワールドカップ2018の賞金や歴代優勝チームなどを調べてみました。

クラブワールドカップ2018の賞金は?

クラブワールドカップ賞金2018

クラブワールドカップ2018の賞金は次の通りです。

優勝:500万ドル(約5.6億円)

準優勝:400万ドル(約4.5億円)

 3位:250万ドル(約2.8億円)

 4位:200万ドル(約2.3億円)

 5位:150万ドル(約1.7億円)

 6位:100万ドル(約1.1億円)

 7位:50万ドル(約5,600万円)

この賞金を高いと思うでしょうか?

4年に1度行われる、国と国の争いサッカーワールドカップの賞金と比べてみましょう。

2018年6月に行われたロシアワールドカップの賞金総額は7億9,100万ドル(約900億円)で過去最高となりました。

優勝国には3,800万ドル(約43億円)、準優勝国が2,800万ドル(約32億円)、3位が2,400万ドル(約27億円)が支払われたそうです。

なんと、クラブワールドカップの8倍です!

クラブワールドカップは賞金ではなく、世界一という称号を得るための大会なのです。

ちなみに、クラブワールドカップの賞金には変更なく、毎年同じとなっています。

クラブワールドカップの歴代優勝チームや開催国は?

https://www.instagram.com/p/BraerlWBqk4/?utm_source=ig_web_options_share_sheet

2000年に第1回大会が開催されましたが、その後中断しています。

2005年からトヨタカップを吸収して、6大陸の選手権王者がトーナメント方式で優勝を争う形式に変更されました。

クラブワールドカップの歴代優勝チームと開催国は次の通りです。

2000年・ブラジル:コリンチャンス(ブラジル)

2001年:広告代理店ISL社の倒産により開催中止

2005年・日本:サンパウロ(ブラジル)

2006年・日本:インテルナシオナル(ブラジル)

2007年・日本:ミラン(イタリア)

2008年・日本:マンチェスターU(イングランド)

2009年・UAE:バルセロナ(スペイン)

2010年・UAE:インテル(イタリア)

2011年・日本:バルセロナ(スペイン)

2012年・日本:コリンチャンス(ブラジル)

2013年・モロッコ:バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)

2014年・モロッコ:レアル・マドリード(スペイン)

2015年・日本:バルセロナ(スペイン)

2016年・日本:レアル・マドリード(スペイン)

2017年・UAE:レアル・マドリード(スペイン)

2018年・UAE

近年欧州のクラブチームが優勝、しかも過去5年で3回優勝しているレアル・マドリード。2018年大会にも出場しています。

世界各地の優秀な選手が欧州リーグに集まってしまうため、欧州のクラブチームの優勝が増えているといわれていますが、絶対的エースだったクリスティアーノ・ロナウド選手がワールドカップ後にイタリアのユヴェントスへ移籍してしまったため、他のチームにも優勝の可能性があるのではないでしょうか?

12月20日にはアジア代表の鹿島アントラーズが準決勝でレアル・マドリードと対戦します!

2016年、日本で行われた大会では決勝で対戦し、4-2で惜敗しています。

今回はリベンジの絶好のチャンス!南米、欧州以外のクラブチームの優勝が日本のクラブチームだと盛り上がりそうですね。

まとめ

サッカーワールドカップから比べるともうひとつ認知度も低く、イマイチ注目されないクラブワールドカップ。

日本企業のトヨタがスポンサーだったこともあり、以前は日本で開催することが多く、世界有数の選手を国内で見れる貴重な大会でした。

ただ、2014年大会を最後にトヨタがメインスポンサーから撤退してしまい、現在は中国の阿里巴巴(アリババ)がメインスポンサーです。

2022年まで契約が予定されているそうで、日本での開催はしばらくないかもしれませんね。

時差の関係上、ライブ放送が深夜になると、よほどサッカーが好きな人でないと見ないのでは?

鹿島アントラーズが準々決勝を勝ち上がり、準決勝で負けても3位決定戦に出場することができます。

サッカーファンならずともリアルタイムで応援したいですね!