東京オリンピック

東京オリンピック・パラリンピック【卓球】日程や会場を調査!

東京オリンピック・パラリンピック【卓球】日程や会場を調査!
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

東京2020でメダルが期待される人気種目の卓球競技。
世界卓球の結果を見るとまだまだ中国の牙城を崩すのは難しそうです。
今回は、卓球競技の日程や会場について調べてみました。
観戦したい!と考える方の参考になればと思います。

東京オリンピック・パラリンピック【卓球】日程

オリンピック

◆シングルス・混合ダブルス

7月25日(土)
9:00〜12:45 14:15〜17:15 19:30〜22:30
男子シングルス予選 男子シングルス1回戦 混合ダブルス1回戦
女子シングルス予選 女子シングルス1回戦
混合ダブルス1回戦
7月26日(日)
10:00〜12:00 14:00〜17:45 20:00〜22:00
混合ダブルス準々決勝 男子シングルス2回戦 混合ダブルス準決勝
女子シングルス2回戦
7月27日(月)
10:00〜13:00 14:30〜17:30 20:00〜22:10
男子シングルス2回戦 男子シングルス3回戦 混合ダブルス3位決定戦
女子シングルス2回戦 女子シングルス3回戦 混合ダブルス決勝
混合ダブルス表彰式
7月28日(火)
10:00〜13:00 14:30〜17:30 19:30〜22:30
男子シングルス3回戦 男子シングルス3回戦 男子シングルス4回戦
女子シングルス3回戦 女子シングルス3回戦 女子シングルス4回戦
男子シングルス4回戦
女子シングルス4回戦
7月29日(水)
10:00〜13:00 15:00〜18:00 20:00〜22:00
女子シングルス準々決勝 女子シングルス準々決勝 男子シングルス準々決勝
男子シングルス準々決勝 男子シングルス準々決勝
7月30日(木)
11:00〜13:00 15:00〜17:00 20:00〜22:10
女子シングルス準決勝 男子シングルス準決勝 女子シングルス3位決定戦
女子シングルス決勝
女子シングルス表彰式
7月31日(金)
20:00〜22:10
男子シングルス3位決定戦
男子シングルス決勝
男子シングルス表彰式

◆団体

8月2日(日)
10:00〜13:00 14:30〜17:30 19:30〜22:30
男子団体1回戦 男子団体1回戦 男子団体1回戦
女子団体1回戦 女子団体1回戦 女子団体1回戦
8月3日(月)
10:00〜13:00 14:30〜17:30 19:30〜22:30
男子団体1回戦 男子団体準々決勝 男子団体準々決勝
女子団体1回戦 女子団体準々決勝 女子団体準々決勝
8月4日(火)
10:00〜13:00 14:30〜17:30 19:30〜22:30
男子団体準々決勝 男子団体準々決勝 女子団体準決勝
女子団体準々決勝 女子団体準々決勝
8月5日(水)
10:00〜13:00 14:30〜17:30 19:30〜22:30
女子団体準決勝 男子団体準決勝 男子団体準決勝
8月6日(木)
11:00〜14:00 19:30〜22:40
女子団体3位決定戦 女子団体決勝
女子団体表彰式
8月7日(金)
11:00〜14:00 19:30〜22:40
男子団体3位決定戦 男子団体決勝
男子団体表彰式

パラリンピック

パラリンピックの卓球競技は肢体不自由と知的障害の2つに大別されます。

さらに肢体不自由クラスは車いすと立位(立って競技する)に分かれます。

試合は障害の程度に応じて11クラスに分かれます。

パラリンピックにもシングルスと団体があります。

男女シングルス
8月26日(水)
9:00 – 14:20
16:00 – 22:00
8月27日(木)
9:00 – 14:20
16:00 – 22:00
8月28日(金)
9:00 – 14:20
16:00 – 22:00
8月29日(土)
9:00 – 15:00
16:30 – 21:30
8月30日(日)
10:00 – 14:00
16:00 – 20:00
8月31日(月)
10:00 – 14:00
16:00 – 20:00
男女団体
9月1日(火)
10:00 – 14:30
16:30 – 21:00
9月2日(水)
10:00 – 16:00
17:30 – 21:30
9月3日(木)
10:00 – 15:30
17:00 – 21:00
9月4日(金) 10:00 – 15:30
17:00 – 21:00

オリンピックと卓球

卓球の起源は19世紀の終わりごろのイギリスだそうです。

上流階級の間でテニスが流行したのですが、雨天時にはプレーできないため、食堂のテーブルをコートに見立ててテニスの真似事をしたのが始まりと言われています。
そのため、卓球は英語で「table tennis」と呼ばれています。

オリンピックの正式種目になったのは男女ともに1988年のソウル大会で、意外に遅いなという印象です。

当時は男女それぞれシングルス、ダブルスの4種目でしたが、2008年の北京大会で現在の男女シングルス、男女団体の4種目となり、2020年東京大会から混合ダブルスが正式種目として加わることになっています。

日本代表

オリンピックの日本代表は男女それぞれ3名です。

シングルスに出場できる選手は2名で、2020年1月発表の世界ランキング日本人上位2名が選出されます。

団体戦はチーム3名なので、シングルスに出場した2名に、団体戦でシングルス及び、ダブルスで活躍が期待できる選手が選出されます。
さらに混合ダブルスは、団体戦に出場する3名の中から、最高のペアリングと思われるペアが選ばれます。

2019年世界卓球ブタペスト大会では、現時点での日本人ランキングトップの石川佳純選手と張本智和選手をペアリングし、東京2020に向けての準備をすると報道されました。
しかし、張本智和選手がけがのため混合ダブルスを回避したため、石川佳純選手は2017年の世界卓球で金メダルを獲得した吉村真晴選手とペアを組みました。
2連覇はできませんでしたが、銀メダルに輝く活躍を見せ東京2020でもメダルを獲得できる可能性の高いペアだと思います。
ダブルスは相性ですから、トップ選手同士が組めばいいというものではありません。
しかし、今の代表選出ルールでは、吉村真晴選手が日本代表に選出されるのは難しいとのこと。
世界卓球の個人戦のように種目別に代表が選ばれると代表選手も増えますし、選手の負担も減ると思うのですが・・・。

東京オリンピック・パラリンピック【卓球】会場

東京体育館

東京体育館は、1964年の東京オリンピックの時に、メインアリーナで体操競技、屋内プールで水球が開催された、オリンピックレガシーを有する施設の1つです。

完成は1954年4月で、当時の価格で総工費3億5,000万円をかけて建設されました。

老朽化のため、1986年に1度閉鎖されましたが、1990年にリニューアルオープン。その後幾度も改修工事を行い、ソフトテニスやバレーボール、バスケットボールの大会やアーティストのコンサートなどが行われています。
現在、東京2020のために2020年1月末まで改修工事が行われています。

地図 [googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3240.888078673959!2d139.71034261474605!3d35.67975773766123!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x60188c959147f9c1%3A0x7eb392467dbf33f0!2z5p2x5Lqs5L2T6IKy6aSo!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1558104110167!5m2!1sja!2sjp&w=600&h=450]
住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目17−1
交通アクセス

JR総武線「千駄ヶ谷駅」下車徒歩
都営大江戸線「国立競技場駅」下車徒歩

[googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m28!1m12!1m3!1d1620.4312094554598!2d139.71091142154842!3d35.68038951041412!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!4m13!3e2!4m5!1s0x60188cbfdfba99c9%3A0x9cb63295be002377!2z5Y2D6aeE44Kx6LC3!3m2!1d35.681195599999995!2d139.7112808!4m5!1s0x0%3A0x7eb392467dbf33f0!2z5p2x5Lqs5L2T6IKy6aSo!3m2!1d35.679753399999996!2d139.7125313!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1558171753808!5m2!1sja!2sjp&w=400&h=300]

競技 卓球
収容人数 オリンピック:7,000人 パラリンピック:6,500人

 

まとめ

混合ダブルスが正式種目となったことで、かなりハードなスケジュールとなり、選手の疲労やけがなども心配ですが、選手たちを後押しするため会場で応援したいという人も多いはず!
チケットは争奪戦になりそうですが、この目で歴史的瞬間を目撃したいですね!

 

ABOUT ME
ひらり
読んで頂きありがとうございます 3歳と1歳の息子を育てながら、素敵な暮らしを目指して、気に入ったインテリアやおいしいもの、素敵な場所をブログにしています