エンタメ

香取慎吾の絵の値段は?ルーブル美術館での作品画像&展示はいつ頃で理由も!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

2016年12月31日に惜しまれながら解散してしまった、ジャニーズ事務所のアイドルグループだったSMAP。

その後メンバーは事務所に残留と、独立しネットテレビなどを中心に活躍するなどしています。

そんな中で、今注目されているのが香取慎吾さん。

なぜ、注目されているのかというとなんとあのフランスのルーブル美術館で個展を開催するというからなんです。

気になる、その作品内容や展示いつまでなのでしょうか?

今回は、香取慎吾さんのルーブル美術館を特集しましょう!

 

香取慎吾の絵の値段は?上手いのか下手なのか!

 
 
 
View this post on Instagram

香取慎吾さん(@katorishingo_official)がシェアした投稿

SMAPの末っ子キャラとして、いつもキラキラした笑顔で私達に元気を与えてくれていた香取慎吾さん。

最近では、彼がデザインする服が販売されているショップが都内にオープンするなどの多才ぶりを発揮していますがSMAP時代から彼は、アーティストとしての才能は抜きんでていました。

SMAPのライブの演出を担当したり、趣味で公言している独特のファッションセンスや趣味で描いている絵。

香取慎吾さんの絵の値段はいくらぐらいなのでしょうか?

そして、そんな彼の描く絵は上手なのか下手なのか?

値段に関してですが、香取慎吾さんは自身が描いた絵を販売しているなどはしておらず完全に趣味として楽しんでいる様です。

上手なのか下手なのか?という意見に関してですが、彼の絵を見て「凄い!!なんて奥深い絵なんだ」と感じる人もいるかもしれませんが・・個人的には「よく、分からん」。

という感じです。笑

それは、下手という意味ではなくあまりにも独特の感性と個性を持ち合わせている彼が描くとこういう絵になるんだろうな。とは、思いますね。

常識などに捕らわれず、常に前へ前へと前進してきた彼ならではの作風だと私は感じます。

 

ルーブル美術館での作品画像や展示場所はどこ?

上記でご説明してきましたが、元SMAP5人のメンバーの中でも抜きんでてアーティストとしての高い才能を誇ってきた香取慎吾さん。

そんな彼がなんと、日本の芸術文化をフランス国内で展示する「ジャポニズム2018」の広報大使を務めていたのですが、ルーブル美術館での初の個展開催が決定したのです!

そこでは、香取慎吾さんが今までに描いてきた103点の絵画にドーム型の作品やファッションとのコラボレーションなどが展示されています。

どこで展示されているのかというと、さすがに天下のモナリザなどと肩を並べている訳ではなくルーブル美術館の地下に位置するカルセール・デュ・ルーブル・シャルル5世ホールで展示されています。

 

展示期間はいつ頃でその理由は?

気になる、香取慎吾さんのルーブル展示期間なのですが9月19日~10月3日までのようです。

え・・・・ってことは、終わってる!?

はい。そーなんですね。

ルーブル美術館における展示館は終了してしまっています。

けれど、SMAP解散後から地上波テレビなどに出演することがほとんどなくなってしまった彼ら新しい地図のメンバーも精力的に活動しています。

そんな中で、香取慎吾さんは現代アートなどに力をいれ一部では「画家に転換して引退するのでは?」と、囁かれてきましたが「画家なんて名乗るのは、恐れ多い。趣味でやってるだけですよ」とインタビューで語っています。

上記でご紹介しましたが、日本の芸術文化をフランスで披露する「ジャポニズム」の広報大使を務めていることがきっかけで、個展を開催することになりました。

それでも、やはりそれは彼の才能が認められたからという事ですよね!

 

まとめ

いかがでしたか?

香取慎吾さんのルーブル美術館での個展は終了していますが、精力的に今現在も活動している彼ら。

今後もきっと私達が驚く様な事を、やってくれるでしょう!

ファンはいつもワクワクしていれてとても幸せですよね!

ABOUT ME
ひらり
読んで頂きありがとうございます 3歳と1歳の息子を育てながら、素敵な暮らしを目指して、気に入ったインテリアやおいしいもの、素敵な場所をブログにしています